夏は吹き出す汗が気になってしかたない

私は、子供の頃から汗かきで困っています。特に恥ずかしかった経験は、小学生の時、体育の授業で、梅雨の時期に体育館で縄跳びの練習をしたのですが、必死で練習をするうちに、頭や顔から汗が大量に吹き出してきて、ボタボタと大粒のしずくになって床に落ちて、それを見ていた友達に笑われてしまったことです。もちろん他の友達もみんな汗はかいていましたが、頭や顔から大粒の汗が滝のように流れ落ちていたのは、どうやら私だけだったようです。大人になってからも、夏祭りに彼氏とデートをしていても、浴衣が汗で濡れてしまわないかと気になって気になってしかたがなくて、デートを心から楽しむことができませんでした。時々、真夏でも陶器の人形のように涼しげな顔をして、汗を全くかいていない風に見える女の人を見かけると、凄く羨ましく憧れる反面、どうしてあの人は、汗をかかないのだろう、暑くないのかな、と不思議に思ってしまいます。私のほうが新陳代謝が良いからかもしれない、と楽観的に考えてみたりもしますが、やっぱり女性としては、化粧も落ちてしまうし、暑い夏でもできる限りは汗をかきたくありません。今では夏には制汗剤や、汗ふきシートを鞄の中に欠かさず入れるようにしていて、外出先でもすぐに汗対策ができるようにいつも気を付けていますが、やっぱり電車で人の横に座る時などは汗臭くないだろうかと、気をつかってしまいます。カルド渋谷

カテゴリー: 未分類 パーマリンク